日本に於ける新コロナウィルスの様態

● コロナウィルス《日本大百科全書の解説》 コロナウイルス科に属するRNAウイルスである。1965年にかぜ患者から見つかった。直径80~160ナノメートル(ナノは10億分の1)で、ウイルスとしては大型の部類である。コロナとは太陽表面の光冠のことで、王冠も意味する。球形で周囲に先端が丸くなったスパイク状のとげがある形がコロナを連想さ…
コメント:0

続きを読むread more

新コロナウィルスについて

2020年1月20日、病原体を調査している中国・国家衛生健康委員会 (NHC) 専門家の鍾南山グループ長は、広東省でヒトからヒトへの感染(ヒト - ヒト感染)が確認されたと発表しました。新しいコロナウイルスに対する特定の治療法はありませんが、既存の抗ウイルス薬を流用することはできるとしています。 この株による最初の既知のヒトへの感…
コメント:0

続きを読むread more

屋形船の風評被害は甚大 朝日報道でわかった東京都の重すぎる罪

デーリー新潮 2020年5月28日掲載 緊急事態宣言が解除されても、まだまだ続きそうなコロナ禍。かれこれ3か月前、都内で初のクラスターが屋形船で確認された――と大々的に報じられたことをご記憶だろうか。5月17日付の朝日新聞(朝刊)は「屋形船 独り歩きした感染経路」というタイトルで、この際、感染経路を巡る東京都の発表に勇み足があった…
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮

【朝鮮】  Wikipedia の文章を基に編集 1392年から1897年(大韓帝国として1910年まで存続)にかけて朝鮮半島に存在した国家。王朝名としては李朝。大韓民国では「朝鮮王朝」とも呼ばれ、近年の日本でも同様に呼称する場合がある。なお、北朝鮮では朝鮮封建王朝と呼ばれる。李朝は歴史の順番によって高麗の次の王朝にあたり、朝鮮民…
コメント:0

続きを読むread more

令和元年台風15号による千葉県の長期停電

令和元年9月9日未明に関東地方を襲った台風15号による風害がひどかったことが連日テレビニュースの話題になっています。 令和元年の台風15号の予想進路は、気象庁の予報では、最大風速45m/sの「非常に強い」勢力であるといわれ、一応の対策を講じた後で、夜どうし台風に付き合うのは御免被りたいと、12時前に寝床につきました。しかし夜中に、…
コメント:0

続きを読むread more

GSOMIAとは何か

○ 韓国大統領府は2019年8月23日に「日韓秘密軍事情報保護協定 」(GSOMIA)を今後は継続しないことを決定しました。これによって日韓のGSOMIAは。設定後わずか3年で姿を消すことになります。 ○ GSOMIAとは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定…
コメント:0

続きを読むread more

困った韓国政府

○ ここのところ日本と韓国の関係が最悪の状態になっている。ことの起こりは『元徴用工問題の請求権を巡っての訴訟』にある。1910年に起こった『日韓併合』については、世界的には合法なものとして認められているが、韓国だけがその事実を認めていない。今回の事態もそのような状況のもとで起こった。 ○ 韓国では裁判所を法院と呼びその最高位にある…
コメント:0

続きを読むread more

台風24号・塩害による停電

台風24号は30日夜遅くから1日未明にかけて静岡県に接近し、午前0時過ぎには石廊崎で39.2m、御前崎市で37.5mの最大瞬間風速を観測しました。この影響で静岡県内では広い範囲で停電が発生し、中部電力と東京電力によりますと、午前4時ごろには県内の電力契約戸数の4割以上にあたるおよそ70万8880戸が停電しました。 台風による停電は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ米大統領のアジア歴訪

トランプ米大統領は11月5~14日の日程で東アジアを訪問する旅に出ます。その前払いとして10月2日には長女のイバンカ・トランプ氏(大統領補佐官)が来日しましたが、この問題を別にすれば、3日に真珠湾のアリゾナ記念館を訪問した後、ツイッターに「リメンバー・パールハーバー」と書き込み、日本へ向かいました。 5日の正午頃、日本の横田基地に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イバンカ・トランプさんの訪日

アメリカ・トランプ大統領の長女で、大統領補佐官のイバンカ・トランプさんが2017年11月2日、来日しました。11月3日に日本政府主催の「国際女性会議(WAW)で講演する為です。 イバンカ・トランプさんはトランプ米国大統領の長女に当たります。彼女の職業は「大統領補佐官」で、この役職には大統領の家族はつけないので、現在「無給」の処置が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年10月総選挙総括

2017年総選挙は、民進党山尾氏の幹事長人事のゴタゴタと、小池氏新党の準備不十分を見越して、任期の1年2月前に、総選挙を仕掛けた安倍総理大臣の読み通りに、自民党の圧勝に終わりました。選挙日程の他に、投票日と20号台風が重なった天の加護もあったようです。 比例代表選での自民党の得票は1855万票、得票率は33.2%、野党第1党は立憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年10月衆議院議員選挙

2017年10月の総選挙は、野党がまんまと安倍総理大臣の術中にはまったようです。あまりにも見事な「はまりぶり」にあぜんとした安倍総理大臣の顔つきが印象的でした。プーさんも選挙期間中書き溜めたブログがありますので、一挙公開しておきます。 ★『またも行った安倍内閣総理大臣の「我田引水」解散』 安倍内閣総理大臣は2017年9月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またも行った安倍内閣総理大臣の「我田引水」解散

安倍内閣総理大臣は2017年9月28日の臨時国会の冒頭に衆議院を解散しました。次期総選挙は10月10日公示、22日投票になります。 この解散を受けて朝日新聞や毎日新聞は『大義なき解散総選挙』と書き立てました。衆議院の任期は4年間ですから、任期満了は平成30年12月13日になり、解散が話題になった時点では未だ1年2ヶ月の任期が残って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカバカしい国連総会における金正恩とトランプのけなし合い

国連安全保障理事会は2017年8月5日、7月に2回大陸弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った北朝鮮に対して、全会一致で追加の経済制裁案を可決しました。これに対して北朝鮮は「主権を侵害された」と猛反発し、決議案をまとめたアメリカに「代償を支払わせる」との声明を発表しました。 一方、トランプ米大統領は「北朝鮮はこれ以上、アメリカを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第72回国連総会における安倍内閣総理大臣の一般討論演説

2017年9月20日安倍内閣総理大臣が行った「第72回国連総会における一般討論演説」は聞きごたえのあるものでした。 「9月3日,北朝鮮は核実験を強行しました。それが,水爆の爆発だったかはともかく,規模は,前例をはるかに上回ったものです。前後し,8月29日,次いで9月15日に,北朝鮮はミサイルを発射しました。いずれも日本上空を通過さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗戦の日

1945年8月15日、プーさんの疎開していた愛知県渥美郡泉村石神はいつも通りの夏の暑さでした。所在なく家にいると同学年の伊藤朗君がやってきて、「今日はラジオで重大放送があるので十二時までに寺に集まれ」という伝言を受けたので、昼前に郷蔵の近くにある神照寺まで出かけました。 会場に行くと本堂の前にラジオの受信機が置かれており、先生方が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

築地市場の再開発について

小池東京都知事は6月20日(火曜)豊洲・築地市場に関する記者会見を行いました。その内容はメデイアの記事だけでは不明確ですが、① 豊洲新市場への移転は平成28年11月18日の知事記者会見で示したロードマップに従って行う。② 築地市場は2020年(平成32年)8月9日まではオリンピック駐車場として使用、その後卸売市場として再整備する。③ 豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーさんの大失敗

7月5日朝5時半 台風3号も夜半に東海上に去り ところどころに青空が見える天気になりました。明日は隣の栄区まで足をのばすので、できれば電動チャリの蓄電量を10%まで下げておきたかったので、環状2号線から八王子街道に抜け、二俣川から国道218号を通って自宅に帰る1時間強のコースを頭に描いて、電動チャリで家を出ました。 環状2号の「陣…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

豊洲市場への移転の道

豊洲新市場問題に関しては、しばらくブログに書くことを控えていました。なぜなら2016年10月9日にブログ書いた通り、豊洲市場の地下水の汚染が、市場の安全性と関係が無いのであれば、それは2017年1月中旬にはっきりする9回目の地下水分析結果を待つのが最も手っ取り早いと考えたからです。 1月14日にその分析結果が発表されました。それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀県甲良町の西明寺へ

京都で同窓会があったので、ついでに滋賀県甲良町の西明寺まで足を延ばしました。三重塔の彩画が修復されてから、一度も訪れていなかったので、その成果を確かめたい思いからです。 ちょうど紅葉のきれいな時で、街中の煩雑な風景に馴れた身には、めから鱗の落ちた感じです。 時間の都合でJRの河瀬駅からタクシーを利用しましたが、運転手が話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more